美ら海水族館

tyuraumi

巨大なアクリルパネルの向こうで泳ぐ全長8.5mのジンベエザメは圧倒です。

「沖縄の海との出会い」をテーマに、サンゴ礁の浅瀬から深海まで沖縄の海を体感できる世界最大級の水族館です。サンゴ礁の浅瀬を再現したタッチプールからはじまり、自然光のさしこむサンゴや熱帯魚の水槽、ジンベエザメやマンタ等が群れ泳ぐ「黒潮の海」、神秘的な深層の海まで、沖縄の海にダイビングする感覚で見学できます。
また、太陽光と自然海水を利用した水槽による世界初の生きたサンゴの大規模飼育や、世界最大級のアクリルパネル越しに見る世界初のジンベエザメとナンヨウマンタの複数飼育など、いくつもの「世界初と世界一」をご覧いただけます。

美ら海水族館の概要

巨大アクリルパネルで一望する黒潮の魚たちの世界
全長8.5mものジンベエザメやナンヨウマンタをはじめ、多種多彩な魚たちが泳ぐ大水槽。その感動的な光景が一望できる巨大アクリルパネルは、高さ8.2m、幅22.5m、厚さ60cm もあります。サメやエイ、そのほか黒潮の回遊魚にも手が届きそうな感動と興奮をお楽しみください。

 

サンゴの大規模飼育で沖縄の海を再現
沖縄美ら海水族館では、海から汲み上げた海水をふんだんに水槽に取り入れています。沖縄の美しい海を彩る「サンゴの海」水槽では屋根をなくし、自然光をいっぱいに採り入れた300m³の大水槽でサンゴが展示されています。
サンゴ礁で成育するサンゴたちの、自然そのままの姿をお楽しみください。

 

未知の生態!!沖縄の深海を再現!
宇宙のように謎の多い深海には、神秘的な生き物がたくさん生息しているのをご存知ですか?
深海コーナーでは、水深200~700mで生きる深海の生き物がご覧になれます。ハマダイ、ナガタチカマス、発光エビ類など、飼育が非常に困難と言われる珍しい生き物をお楽しみいただけます。